メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季関東地区高校野球大会

山梨学院快勝4強 甲府工、先制実らず /山梨

 第71回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は22日、甲府市の山日YBS球場で3試合があり、山梨学院(山梨2位)が準々決勝で前橋育英(群馬1位)に9-1で七回コールド勝ちして5年ぶりの4強入りを決めた。甲府工(山梨3位)は1回戦で横浜(神奈川1位)に2-8で敗れた。23日は同球場で東海大甲府(山梨1位)と習志野(千葉2位)が対戦する。【金子昇太、滝川大貴】

    前橋育英1得点

     <山日YBS球場>

     ▽準々決勝

    前橋育英 0100000=1

    山梨学院 220320×=9

     (七回コールド)

     山梨学院は一回、相沢の左翼線を抜ける適時打などで2点を先制。その後も本塁打や4本の二塁打など計11安打で圧倒した。投手陣も相沢、駒井が計3四死球と安定した投球で凡打の山を築いた。

     前橋育英は二回、岡部の適時二塁打で反撃するも、先発投手が立ち上がりを攻められ、打線も散発6安打と振るわなかった。

    中盤、横浜猛攻

     <同>

     ▽1回戦

    横浜  000025100=8

    甲府工 002000000=2

     甲府工は三回、四球や犠打で1死二、三塁の好機を迎えると、五味の左越え適時三塁打で2点を先制した。しかし四回以降は無安打に抑えられた。先発小林駿は四回まで無失点に抑えたが中盤以降相手打線に捕まった。

     横浜は六回、連続四球に3長打などで突き放し、投げては主戦、及川が速球を武器に8回被安打2と好投した。

    4番打者、成長誓う

     ○…甲府工の中島碧斗主将(2年)の県大会での打率はチーム最高の5割7分1厘。「先頭打者がつないでくれた打線を4番打者の自分が打って点を決めたい」と意気込んでいた。横浜戦の三回裏、2死三塁の場面で回ってきた。しかし、相手投手のストレートを打ち返せずに空振り三振。六回裏は四球で出塁したが、生還できず、グラウンドで立ち尽くした。「チームに迷惑をかけた。本当に悔しい。絶対成長したい」とうなだれた。


     ■球音

    4打点、納得のスイング 山梨学院・2年 菅野秀斗二塁手

     ベスト4を懸けた大一番で、獅子奮迅の働きを見せた。中前打、左前打、左越え二塁打、右越え二塁打--。4打数4安打4打点2得点。特に四回の左越え二塁打は「チームに貢献できた」。限りなく理想に近いスイングができたと思った。「全打席、打とうと思っていたが、こんなに打ったことはない」

     今夏の甲子園にはレギュラーとして出場した。しかし新チームになってからは不調だった。

     チームは長打力を求めていた。そのため打撃フォームを改造したが、バランスを崩した。さらには右肩を負傷し、秋の県大会では出られない試合もあった。「納得できた打撃はなかった」と振り返る。

     転機になったのは関東大会初戦の中央学院戦。思い切ってフォームを元に戻した。二塁打が出て、吹っ切れたという。「やっとチームに貢献できた。これからも、欲を出さずにいつも通り打っていきたい」【金子昇太】

    先制打「熱くなった」 甲府工・2年 五味太陽左翼手

     三回裏、1死二、三塁の場面で打席に入った。前の打席では、大会屈指の左腕、及川雅貴投手のストレートを見逃し、三振に倒れていた。

     「真っすぐが来たら振ろう」。初球、頭の中でイメージしていた通りの球が来た。145キロをドンピシャのタイミングでたたいた。優勝候補の横浜から、2点を先制する左越え三塁打を放ち「気持ち良くて、熱くなった」。思わずガッツポーズが出た。

     大会前、夏の山梨大会でチームを引っ張った3年の渡辺涼太投手がバッティング投手を務めてくれた。及川投手と同じ左腕の渡辺投手からは「頑張れよ」と応援の言葉をもらっていた。

     試合は中盤以降に突き放され、チームは完敗。「相手の配球が変化球主体に変わった。相手の方が上手だった」。全国上位校のレベルを肌で感じ「良い経験になった。敗戦を生かし甲子園に向けて頑張りたい」と前を向いた。【金子昇太】


    高校野球テレホンガイド

     0180・99・1506

     毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト