メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季九州地区高校野球大会

筑陽、延長サヨナラ 興南降し4強 あす大分と対戦 /福岡

 第143回九州地区高校野球大会は22日、熊本市中央区のリブワーク藤崎台球場で2回戦4試合があった。県勢の筑陽学園は延長十三回タイブレークの末に興南(沖縄)を1-0で破り、4強入りを果たした。筑陽学園は23日の休養日を挟み、24日の準決勝で大分(大分)と対戦する。【清水晃平】

     ▽2回戦

    興南

      0000000000000=0

      0000000000001=1

    筑陽学園

     (延長十三回)

     (興)宮城-遠矢

     (筑)西館-進藤

    ▽三塁打 中村、野田

     筑陽学園はタイブレークの延長十三回、無死満塁の好機で福岡大真選手(2年)の打球が敵失を誘い、三塁走者の弥富紘介選手(2年)が生還しサヨナラ勝ちした。先発の西館昴汰投手(2年)は打者44人に146球を投げ、被安打3で完封した。興南は先発の主戦・宮城大弥投手(2年)が六回まで無安打投球し、13奪三振と好投したが、打線が援護できなかった。

    〔福岡都市圏版〕

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト