メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季九州地区高校野球大会

筑陽、延長サヨナラ 興南降し4強 あす大分と対戦 /福岡

[PR]

 第143回九州地区高校野球大会は22日、熊本市中央区のリブワーク藤崎台球場で2回戦4試合があった。県勢の筑陽学園は延長十三回タイブレークの末に興南(沖縄)を1-0で破り、4強入りを果たした。筑陽学園は23日の休養日を挟み、24日の準決勝で大分(大分)と対戦する。【清水晃平】

 ▽2回戦

興南

  0000000000000=0

  0000000000001=1

筑陽学園

 (延長十三回)

 (興)宮城-遠矢

 (筑)西館-進藤

▽三塁打 中村、野田

 筑陽学園はタイブレークの延長十三回、無死満塁の好機で福岡大真選手(2年)の打球が敵失を誘い、三塁走者の弥富紘介選手(2年)が生還しサヨナラ勝ちした。先発の西館昴汰投手(2年)は打者44人に146球を投げ、被安打3で完封した。興南は先発の主戦・宮城大弥投手(2年)が六回まで無安打投球し、13奪三振と好投したが、打線が援護できなかった。

〔福岡都市圏版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです