メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季九州地区高校野球大会

日章学園、コールド4強 神村学園、熊本西は2回戦敗退 /鹿児島

[PR]

 第143回九州地区高校野球大会は22日、熊本市中央区のリブワーク藤崎台球場で2回戦4試合があった。日章学園(宮崎)は8-1で熊本西(熊本)に七回コールド勝ちし、4強入り。来春のセンバツに大きく近付いた。23日の休養日を挟み、24日の準決勝で明豊(大分)と対戦する。神村学園(鹿児島)は敗れた。【清水晃平】

 ▽2回戦

日章学園

  3000023=8

  1000000=1

熊本西

 (七回コールド)

 (日)石嶋-深草

 (熊)霜上、瀬上、霜上-伊藤

▽二塁打 平野(日)堺(熊)

 日章学園は一回、3連打などで3点を先取。4点先行で迎えた七回には、平野大和選手(2年)の中前適時打など5単打で3点を加え、突き放した。先発の石嶋留衣投手(2年)は一、四回以外は三塁を踏ませない好投で1失点完投した。

 熊本西は一回2死一塁から堺祐太選手(2年)が右中間を破る適時二塁打を放ち1点を返したが、9残塁であと一本が出なかった。

兄の甲子園見えた

 ○…日章学園の主戦・石嶋留衣投手(2年)は初回に失点したが「周りに助けてもらった」と打線の援護に感謝した。四回には連打などで2死満塁と一打逆転のピンチを招いたが、高めの速球で中飛に打ち取り「気付いたらガッツポーズしていました」。兄友翔さん(20)は日南学園(宮崎県日南市)で2016年春夏の甲子園に出場した元高校球児。チームは4強入りを果たし、兄が立った来春の甲子園が見えてきた。

大分

  10011113=8

  00000001=1

神村学園

 (八回コールド)

 (大)長尾-江川

 (神)中川、仲間-松尾将、山口

▽三塁打 小手川、小野(大)

▽二塁打 足立、安藤、中尾(大)田中大(神)

 大分は1点先行で迎えた四回、2死三塁から安藤陽斗選手(2年)の中前適時打で2点目。その後も小刻みに加点し、八回には小野修太郎選手(同)の三塁打を足がかりに3点を加え、突き放した。

 神村学園は六回に1死満塁の好機を作るも、あと一本が出ず無得点に。八回には仲間歩夢選手(同)の中前適時打で1点を返したが、力尽きた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長崎・佐世保の小6同級生殺害 「大丈夫」は大丈夫じゃない 妹を殺された兄、川崎医療福祉大で講演 /岡山

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  4. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  5. 講演 被害者は家族にも話せぬことある 佐世保・小6同級生殺害事件を取材、毎日新聞・川名記者 /群馬

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです