メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季関東地区高校野球大会

山梨学院11安打

[PR]

 (22日)

 ○…山梨学院が一回の速攻で主導権を握った。渡辺、菅野の1、2番がいずれも2球目をたたき、連打で一、三塁とした。続く相沢は「相手は制球が良く、甘い球は少ない。浮いた球は早いカウントから振ろう」。1ボールからの2球目、真ん中のスライダーを強振。打球は三塁線を破り、6球で先制点をもぎとった。勢いづいた打線は計11安打9得点でコールド勝ち。相沢は「次も積極的に攻めたい」と力を込めた。


関東(山梨・山日YBS)

 ▽1回戦

春日部共栄(埼玉)

  004000201=7

  001120200=6

藤代(茨城)

 (春)村田-石崎

 (藤)小島、中山、一條-藤井

▽本塁打 田島(藤)

横浜(神奈川)

  000025100=8

  002000000=2

甲府工(山梨)

 (横)及川、木下-山口

 (甲)小林駿、近藤-望月

 ▽2回戦

前橋育英(群馬)

  0100000=1

  220320×=9

山梨学院(山梨)

 (七回コールド)

 (前)梶塚、阿部-須永

 (山)相沢、駒井-栗田

▽本塁打 野村(山)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです