メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季関東地区高校野球大会

山梨学院11安打

[PR]

 (22日)

     ○…山梨学院が一回の速攻で主導権を握った。渡辺、菅野の1、2番がいずれも2球目をたたき、連打で一、三塁とした。続く相沢は「相手は制球が良く、甘い球は少ない。浮いた球は早いカウントから振ろう」。1ボールからの2球目、真ん中のスライダーを強振。打球は三塁線を破り、6球で先制点をもぎとった。勢いづいた打線は計11安打9得点でコールド勝ち。相沢は「次も積極的に攻めたい」と力を込めた。


    関東(山梨・山日YBS)

     ▽1回戦

    春日部共栄(埼玉)

      004000201=7

      001120200=6

    藤代(茨城)

     (春)村田-石崎

     (藤)小島、中山、一條-藤井

    ▽本塁打 田島(藤)

    横浜(神奈川)

      000025100=8

      002000000=2

    甲府工(山梨)

     (横)及川、木下-山口

     (甲)小林駿、近藤-望月

     ▽2回戦

    前橋育英(群馬)

      0100000=1

      220320×=9

    山梨学院(山梨)

     (七回コールド)

     (前)梶塚、阿部-須永

     (山)相沢、駒井-栗田

    ▽本塁打 野村(山)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

    2. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

    3. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

    4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

    5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです