メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季九州地区高校野球大会

筑陽学園、延長制す

[PR]

 第143回九州地区高校野球大会は22日、熊本市のリブワーク藤崎台球場と熊本県八代市の県営八代野球場で準々決勝4試合があり、4強が決まった。

 筑陽学園(福岡)と興南(沖縄)は息詰まる投手戦となり、延長十三回タイブレークの末、1-0で筑陽学園がサヨナラ勝ちした。日章学園(宮崎)は熊本西、明豊(大分)は長崎商、大分は神村学園(鹿児島)にそれぞれコールド勝ちした。

 23日は休養日で、準決勝は24日、リブワーク藤崎台で明豊-日章学園、大分-筑陽学園の対戦で実施される。

 ▽準々決勝

明豊(大分)

  12020104=10

  00000001=1

長崎商(長崎)

 (八回コールド)

 (明)若杉-成田

 (長)桝屋-谷口

▽本塁打 野辺(明)

▽三塁打 野上(明)

▽二塁打 布施2(明)

大分(大分)

  10011113=8

  00000001=1

神村学園(鹿児島)

 (八回コールド)

 (大)長尾-江川

 (神)中川、仲間-松尾将、山口

▽三塁打 小手川、小野(大)

▽二塁打 足立、安藤、中尾(大)田中大(神)

日章学園(宮崎)

  3000023=8

  1000000=1

熊本西(熊本)

 (七回コールド)

 (日)石嶋-深草

 (熊)霜上、瀬上、霜上-伊藤

▽二塁打 平野(日)堺(熊)

興南(沖縄)

  0000000000000=0

  0000000000001=1

筑陽学園(福岡)

 (延長十三回タイブレーク)

 (興)宮城-遠矢

 (筑)西舘-進藤

▽三塁打 中村、野田(筑)

制球力向上で連続完投勝利

 ○…大分のエース右腕・長尾が8安打を浴びながらも要所を締め、1失点で完投勝ちした。直球はほとんどが120キロ台と遅いが、スライダーなど変化球も含めて徹底的に低めへ。六回1死満塁のピンチも見逃し三振と捕邪飛で後続を断った。「ピンチで点をやらなかったことがよかった」と満足顔の長尾。球速をアップしたいという投手らしい欲望を一時封印し、秋に向けて制球力向上を図ったのが2日連続完投勝利に結びついた。松尾監督も「長尾らしさが出た」と背番号1を称賛した。

体重16キロ増、球速アップ

 ○…延長十二回まで0-0の息詰まる投手戦は筑陽学園の右腕・西舘(2年)が、大会ナンバーワン投手と評された興南の左腕・宮城(2年)に投げ勝った。西舘は変化球を低めに集め、途中で投球のテンポも変えて内野ゴロの山を築いた。入部の時から体重を16キロ増やして、球速は最速144キロにアップ。少しずつ大事な場面の登板が増えた背番号10は公式戦初完投に「疲れはない。やってきたことは間違っていなかった」と笑顔を振りまいた。チームはセンバツ出場はなく、西舘は「自分たちは挑戦者」と自信に満ちあふれていた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長崎・佐世保の小6同級生殺害 「大丈夫」は大丈夫じゃない 妹を殺された兄、川崎医療福祉大で講演 /岡山

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 講演 被害者は家族にも話せぬことある 佐世保・小6同級生殺害事件を取材、毎日新聞・川名記者 /群馬

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです