メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

秋季九州大会、筑陽学園などが4強入り

【興南-筑陽学園】延長十三回を被安打3で完投した筑陽学園の西舘昂汰=熊本市のリブワーク藤崎台球場で2018年10月22日午後1時27分、清水晃平撮影

 高校野球の秋季九州大会は22日、熊本市のリブワーク藤崎台球場などで準々決勝4試合があり、4強が決まった。

 筑陽学園(福岡)と興南(沖縄)は息詰まる投手戦となり、延長十三回タイブレークで筑陽学園がサヨナラ勝ちした。日章学園(宮崎)、明豊(大分)、大分はコールド勝ちした。23日は休養日で、準決勝は24日、リブワーク藤崎台で明豊-日章学園、大分-筑陽学園の対戦で行われる。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです