メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季関東地区高校野球大会

春日部共栄、4強 コールドで横浜降す /埼玉

[PR]

 第71回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は23日、甲府市の山日YBS球場で準々決勝3試合が行われた。県勢の春日部共栄は、今夏の甲子園に出場した横浜(神奈川1位)に9-2でコールド勝ちし、ベスト4に駒を進めた。準決勝は27日に同球場であり、春日部共栄は山梨学院(山梨2位)と対戦する。【畠山嵩】

    初回から猛打

     <山日YBS球場>

     ▽準々決勝

    横浜    0200000=2

    春日部共栄 311004×=9

     (七回コールド)

     春日部共栄打線が爆発し、強豪の横浜を撃破した。春日部共栄は一回2死満塁、6番・平岡が適時三塁打を放ち3点を先制。二回にも9番・森がソロ本塁打を放つなど計9点を奪った。横浜は春日部共栄の先発・村田に2得点に抑えられ、反撃の糸口をつかめなかった。

    習志野

      023000300=8

      002000200=4

    東海大甲府

    桐蔭学園

      001311011=8

      000010000=1

    佐野日大


     ■熱球譜

    雪辱の一打で流れ呼ぶ 春日部共栄2年・平岡大典二塁手

     一回裏2死満塁で回ってきた打席に、「偶然の一致」を感じずにはいられなかった。1回戦の藤代(茨城)と全く同じ場面。この時は凡退した。「同じことを何回も繰り返したくない」。粘って待った7球目。狙っていた直球に自然とバットが出た。打球は右翼を越え、チームに流れを呼び込む3点適時三塁打になった。

     横浜の左腕、及川雅貴投手(2年)は今夏の甲子園でも登板した大会屈指の好投手。強い気持ちで挑んだが、140キロ超の直球を打席で目の当たりにすると、あまりの速さに「笑ってしまってベンチを見た」という。だが、本多利治監督の「1球待て。直球を狙え」の言葉を思い出し、冷静になれた。

     自分の適時打が呼び水となり、及川投手を三回途中でマウンドから引きずり下ろした。強豪相手にコールド勝ちし、チームは勢いに乗る。「一戦必勝に変わりはない。目の前の敵を力強く倒すだけ」。気を緩めることなく、決勝進出を狙う。【畠山嵩】


    高校野球テレホンガイド

     0180・99・1506

     毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

    2. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

    3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

    4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

    5. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです