メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季関東地区高校野球大会

春日部共栄、4強 監督・主将の話 /埼玉

[PR]

2本塁打でリズム 春日部共栄・本多利治監督

 序盤の3点と本塁打2本でリズムができた。22日の試合で調子の悪かった先発・村田には、(過去の大会で)連投した時の方が投球が良かったイメージを思い出すようアドバイスした。見事に投げきってくれた。

    自分たちのペース 春日部共栄・石崎聖太郎主将

     序盤は直球、中盤以降はスライダー中心と配球を変え、相手打線に狙い球を絞らせないようにした。先取点を奪った後に追加点を挙げ、自分たちのペースでできたことが勝ちにつながった。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

    2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

    3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

    4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

    5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです