メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季四国地区高校野球大会

組み合わせ抽選 徳島商、初戦は英明 富岡西は高知と /徳島

対戦が決まり健闘を誓う徳島商の西村主将(左)と英明の仁木主将=香川県丸亀市金倉町のレクザムボールパーク丸亀で、潟見雄大撮影

[PR]

 第71回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が23日、香川県丸亀市金倉町のレクザムボールパーク丸亀であった。各県1位の川島、高松商(香川)、帝京第五(愛媛)、高知商(高知)は準々決勝から登場、各県2、3位の勝者と対戦する。

     抽選会には各校の主将や部長らが参加。各県1位の主将がくじを引いた後、同県1位と2位、2位と3位は決勝まで、1位と3位は準決勝まで対戦しないような組み合わせに振り分けられた。

     抽選会後、川島の森本迅主将(2年)は「自分たちは守りのチーム。守備から流れを作り、相手のすきをつきたい」と意気込んだ。

     大会は27日に同球場と高松市生島町のレクザムスタジアムで開幕する。日程が順調に進めばレクザムスタジアムで11月3日に準決勝、4日に決勝がある。入場料は大人600円、中高生200円、小学生以下無料。

     大会は来春の第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の出場校選考の際に参考資料になる。【潟見雄大】

    第71回秋季四国地区高校野球大会の組み合わせ
    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

    2. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

    3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

    4. さいたま小4殺害、男児父親の逮捕状 死体遺棄容疑 埼玉県警

    5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです