メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季四国地区高校野球大会

組み合わせ抽選 高知、初戦は富岡西 明徳義塾は聖カタリナと /高知

対戦が決まり健闘を誓う高知の川田主将(左)と富岡西の坂本主将=香川県丸亀市金倉町のレクザムボールパーク丸亀で、潟見雄大撮影

[PR]

 第71回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が23日、香川県丸亀市金倉町のレクザムボールパーク丸亀であった。各県1位の高知商、高松商(香川)、帝京第五(愛媛)、川島(徳島)は準々決勝から登場、各県2、3位の勝者と対戦する。

 抽選会には各校の主将や部長らが参加。各県1位の主将がくじを引いた後、同県1位と2位、2位と3位は決勝まで、1位と3位は準決勝まで対戦しないような組み合わせに振り分けられた。

 抽選会後、高知商の山崎大智主将(2年)は「相手は関係なく、自分たちの力を出すだけ。投手中心にしっかり守り、優勝を目指す」と意気込んだ。

 大会は27日に同球場と高松市生島町のレクザムスタジアムで開幕する。日程が順調に進めばレクザムスタジアムで11月3日に準決勝、4日に決勝がある。入場料は大人600円、中高生200円、小学生以下無料。

 大会は来春の第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の出場校選考の際に参考資料になる。【潟見雄大】

第71回秋季四国地区高校野球大会の組み合わせ
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです