メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
秋季九州地区高校野球大会

筑陽学園、粘って頂点 監督・主将の話 /福岡

[PR]

大会を通し成長 筑陽学園・江口祐司監督

 明豊は非常に強かったが、5点差から弥富(紘介選手)が打って1点を返せたことが、他の選手らを勇気づけた。逆転勝利は粘り強く戦った成果。大会を通し、選手たちは大きく成長してくれた。

    素直にうれしい 筑陽学園・江原佑哉主将

     優勝は素直にうれしい。1点ずつ返して接戦に持ち込めば、逆転できると信じていたので焦りはなかった。(優勝校に出場権が与えられる)明治神宮大会では、粘り強く一戦一戦、大事に戦いたい。

    〔福岡都市圏版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

    2. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

    3. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

    4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

    5. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです