メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季都高校野球大会

国士舘・黒沢、「絶対来る」逃さず

[PR]

 (27日)

     ○…国士舘をけん引したのは4番・黒沢。一回は同点適時打。三回は無死二、三塁から「絶対来ると思った」というカーブを捉え、右中間への2点二塁打でチームを勢いづけた。167センチ、70キロと小柄だが、腰を極端に落とした独特の構えからのスイングは力強く、永田監督は「『打てない国士舘』を変えてくれる存在」とほれ込む。「都会で勝負したい」と石川県白山市から上京した1年生は「東京一の打者になりたい」と声を弾ませた。


    東京(神宮第2)

     ▽準々決勝

    城東  1000000=1

    国士舘 203022×=9

     (七回コールド)

     (城)兼松、原川-三好

     (国)白須、石橋、山崎-沢野

    国学院久我山

      300030001=7

      00013330×=10

    東亜学園

     (国)高下、問矢、高下-宮崎

     (東)斉藤、細野-平林

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

    2. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

    3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

    4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

    5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです