メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

大阪桐蔭と智弁和歌山が対戦へ 近畿・準々決勝

【智弁和歌山-大阪偕星学園】六回表智弁和歌山1死一、二塁、逆転3ランを放ち、笑顔でダイヤモンドを一周する綾原=神戸市のほっともっとフィールド神戸で2018年10月27日午後0時19分、安田光高撮影

 高校野球の秋季近畿大会は27日、神戸市のほっともっとフィールド神戸で1回戦残り2試合と準々決勝1試合を行った。1回戦では智弁和歌山が大阪偕星学園との打撃戦を制して12-5で八回コールド勝ち。今夏の甲子園で春夏連覇を達成した大阪桐蔭は橿原(奈良)に10-0で六回コールド勝ちした。龍谷大平安(京都)は市和歌山にサヨナラ勝ちし、4強一番乗りを決めた。28日は準々決勝残り3試合があり、今春のセンバツ決勝でぶつかった大阪桐蔭と智弁和歌山が対戦する。

 ▽1回戦 ○智弁和歌山12-5大阪偕星学園●(27日)

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. ことば AYA世代

  4. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです