メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季近畿地区高校野球大会

準々決勝 履正社、大阪1位の貫禄 小技したたか、完封で4強 大阪桐蔭、先発崩れ敗退 /大阪

【福知山成美-履正社】三回裏履正社1死三塁、小深田が左前に適時二塁打を放ち先制=神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で、黒詰拓也撮影

[PR]

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高野連主催、兵庫県高野連主管)は第4日の28日、神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で準々決勝の残り3試合があり、履正社(大阪1位)、明石商(兵庫1位)、智弁和歌山(和歌山1位)の3校が4強入りした。

 大会第5日は11月3日、準決勝2試合が行われる。対戦カードは、午前11時から龍谷大平安(京都3位)-履正社、午後1時半から明石商-智弁和歌山。【黒詰拓也、望月靖祥】

 ▽準々決勝

福知山成美

  000000000=0

  00110111×=5

履正社

 (福)小橋-原

 (履)清水-野口

▽二塁打 佐藤、原(福)野口、小深田2、野上2(履)

 履正社は三回、相手失策とバントの1死三塁から小深田の左前ポテン二塁打で先制。その後もバントを絡めた確実な攻撃で加点した。先発・清水は被安打3の無四球、12奪三振で完封勝利。福知山成美は三、七回に二塁打で得点圏に走者を進めたが、後続が倒れた。

大阪桐蔭

  100000010=2

  04100000×=5

智弁和歌山

 (大)新井、中田、高野-石井

 (智)池田泰、池田陽-東妻

▽二塁打 山田(大)池田泰(智)

 智弁和歌山は1点を追う二回、根来、佐藤の連打などで2死二、三塁とし、池田泰、綾原の連続適時打で逆転。さらに満塁からの連続押し出し四球で、この回計4点を挙げた。大阪桐蔭は先発・新井の二回の乱調が誤算。打線も八回に1点を返すにとどまった。

報徳学園

  000000000=0

  00000031×=4

明石商

 (報)林、坂口-西井

 (明)宮口-水上

▽二塁打 岡田、河野(明)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです