メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
秋季近畿地区高校野球大会

準々決勝 履正社、大阪1位の貫禄 小技したたか、完封で4強 大阪桐蔭、先発崩れ敗退 /大阪

【福知山成美-履正社】三回裏履正社1死三塁、小深田が左前に適時二塁打を放ち先制=神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で、黒詰拓也撮影

[PR]

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高野連主催、兵庫県高野連主管)は第4日の28日、神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で準々決勝の残り3試合があり、履正社(大阪1位)、明石商(兵庫1位)、智弁和歌山(和歌山1位)の3校が4強入りした。

     大会第5日は11月3日、準決勝2試合が行われる。対戦カードは、午前11時から龍谷大平安(京都3位)-履正社、午後1時半から明石商-智弁和歌山。【黒詰拓也、望月靖祥】

     ▽準々決勝

    福知山成美

      000000000=0

      00110111×=5

    履正社

     (福)小橋-原

     (履)清水-野口

    ▽二塁打 佐藤、原(福)野口、小深田2、野上2(履)

     履正社は三回、相手失策とバントの1死三塁から小深田の左前ポテン二塁打で先制。その後もバントを絡めた確実な攻撃で加点した。先発・清水は被安打3の無四球、12奪三振で完封勝利。福知山成美は三、七回に二塁打で得点圏に走者を進めたが、後続が倒れた。

    大阪桐蔭

      100000010=2

      04100000×=5

    智弁和歌山

     (大)新井、中田、高野-石井

     (智)池田泰、池田陽-東妻

    ▽二塁打 山田(大)池田泰(智)

     智弁和歌山は1点を追う二回、根来、佐藤の連打などで2死二、三塁とし、池田泰、綾原の連続適時打で逆転。さらに満塁からの連続押し出し四球で、この回計4点を挙げた。大阪桐蔭は先発・新井の二回の乱調が誤算。打線も八回に1点を返すにとどまった。

    報徳学園

      000000000=0

      00000031×=4

    明石商

     (報)林、坂口-西井

     (明)宮口-水上

    ▽二塁打 岡田、河野(明)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

    2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

    3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

    4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

    5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです