メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季近畿地区高校野球大会

履正社、明石商、智弁和歌山、各監督の話 /兵庫

[PR]

流れ寄せた投球 履正社・岡田龍生監督

 清水の投球が試合の流れを引き寄せ、得点につながった。犠打と守備、走塁を見直し準決勝に臨む。

    打線つながった 明石商・狭間善徳監督

     宮口が丁寧に低めを突いていたので安心して見られた。打線もつながった。守りをさらに鍛えたい。

    内角攻めが奏功 智弁和歌山・中谷仁監督

     序盤でリードしても気が抜けなかった。先発の池田泰が内角をうまく攻めたのがよかった。

    〔神戸版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

    2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

    3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

    4. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

    5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです