メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
秋季四国地区高校野球大会

準々決勝 松山聖陵、4強入り 帝京第五は敗れる /愛媛

【松山聖陵-川島】二回表松山聖陵2死二塁、湧川が右前適時打を放ち先制=高松市生島町のレクザムスタジアムで、山口桂子撮影

[PR]

 第71回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)は28日、香川県のレクザムスタジアム(高松市)とレクザムボールパーク丸亀(丸亀市)で準々決勝4試合があり、4強が出そろった。高松商(香川1位)は明徳義塾(高知3位)に逆転勝ち、高知商(高知1位)は徳島商(徳島2位)との接戦を制した。富岡西(徳島3位)は大量点で帝京第五(愛媛1位)を降し、松山聖陵(愛媛3位)は川島(徳島1位)に快勝した。

     準決勝は11月3日にレクザムスタジアムであり、午前10時から富岡西と松山聖陵が、午後0時半から高松商と高知商が対戦する。【潟見雄大、山口桂子】

     ▽準々決勝

    帝京第五(愛媛)

      114000000=6

      26000020×=10

    富岡西(徳島)

     (帝)片山、伊吹-片岡

     (富)浮橋-中西

    ▽三塁打 坂本(富)

    ▽二塁打 迫間(帝)

     富岡西が大量点。二回、敵失や坂本の適時三塁打などで一挙6点。七回も2死満塁で吉田が2点適時打を放ち、試合を決めた。先発・浮橋は153球の完投。帝京第五は一回に敵失で先制したが7失策と守備が乱れた。

    松山聖陵(愛媛)

      040001000=5

      000000001=1

    川島(徳島)

     (松)平安山-岸田

     (川)細谷、森本-浪越

    ▽本塁打 藤田(川)

    ▽二塁打 岸田(松)森本(川)

     松山聖陵が快勝した。二回2死、湧川や岸田らが4連続安打を放つなどし先制。六回は1死二塁から岸田の適時打で突き放した。先発の平安山は13奪三振の快投。川島は九回に藤田の本塁打で1点を奪ったが及ばなかった。

    明徳義塾(高知)

      002000000=2

      00000130×=4

    高松商(香川)

     (明)服部、林田、和佐-安田

     (高)香川-新居

    ▽二塁打 小泉(明)浅野(高)

    徳島商(徳島)

      100000000=1

      02000000×=2

    高知商(高知)

     (徳)村田-山本

     (高)赤沢、真城-山田聡

    ▽本塁打 上田(高)

    ▽二塁打 石上(徳)山田京、山下、田嶋(高)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

    2. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

    3. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

    4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

    5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです