メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季近畿地区高校野球大会

智弁和歌山が大阪桐蔭破る

[PR]

 (28日)

     ○…智弁和歌山の1年生左腕・池田泰が投打で活躍し、現在の2年生が入学してから公式戦で5連敗中だった大阪桐蔭を破った。二回2死二、三塁の好機では「逆方向に打とう」と直球を引きつけて遊撃への同点適時内野安打に。三回には中越え適時二塁打を放った。投げては直球狙いの相手打線に変化球を多投。8回2失点と好投した。チームは2017年春以降、負け続けてきたが「3年生が抜けてチームが変わったので、圧倒される感じはなかった」と池田泰。苦手意識がない新戦力が連敗ストッパーになった。

    近畿(兵庫・ほっともっと神戸)

     ▽準々決勝

    福知山成美(京都)

      000000000=0

      00110111×=5

    履正社(大阪)

     (福)小橋-原

     (履)清水-野口

    報徳学園(兵庫)

      000000000=0

      00000031×=4

    明石商(兵庫)

     (報)林、坂口-西井

     (明)宮口-水上

    大阪桐蔭(大阪)

      100000010=2

      04100000×=5

    智弁和歌山(和歌山)

     (大)新井、中田、高野-石井

     (智)池田泰、池田陽-東妻

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

    2. 「4日間風呂に入っていない」 浄水場水没・損壊、断水続く 栃木

    3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

    4. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

    5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです