メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
秋季近畿地区高校野球大会

龍谷大平安、履正社降す 7回コールド きょう5年ぶり決勝 /京都

【履正社-龍谷大平安】三回裏龍谷大平安2死一、二塁、奥村が左越え本塁打を放つ=神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で、米山淳撮影

[PR]

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高野連主催、兵庫県高野連主管)は第5日の3日、神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で準決勝2試合があった。第1試合は龍谷大平安(京都3位)が主軸の本塁打などで履正社(大阪1位)に七回コールド勝ち。第2試合は序盤に大量リードを奪った明石商(兵庫1位)が智弁和歌山(和歌山1位)を五回コールドで降した。龍谷大平安は5年ぶり、明石商は初の決勝進出。両校の決勝は4日正午。【黒詰拓也、米山淳】

     ▽準決勝

    履正社

      0000000=0

      0040201=7

    龍谷大平安

     (七回コールド)

     (履)植木、清水-野口

     (龍)野澤-多田

    ▽本塁打 奥村、水谷(龍)

    ▽三塁打 野澤(龍)

     龍谷大平安は三回、北村の右前適時打で先制。さらに2死一、二塁から奥村の左越え本塁打で3点を奪い、流れをつかんだ。五回に水谷の2点本塁打、七回に押し出しで加点し、試合を決めた。履正社は序盤に相手の失策で得た好機を得点につなげられなかった。

    明石商   17013=12

    智弁和歌山 00000=0

     (五回コールド)

     (明)中森-水上

     (智)山本、小林樹、池田陽、池田泰-東妻

    ▽本塁打 来田、水上(明)

    ▽三塁打 河野、来田(明)

    ▽二塁打 溝尾(明)根来(智)

    〔京都版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

    2. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

    3. 「県民優先、上田県政継承」で伸び悩み克服 大野氏 埼玉知事選初当選

    4. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

    5. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです