メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季中国地区高校野球大会

米子東と広陵、きょう決勝 /山口

[PR]

 来春のセンバツ出場校選考の重要な参考資料となる、第131回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)は3日、岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで準決勝2試合があった。

     米子東(鳥取)は延長十三回タイブレークの末、呉(広島)に6-5で競り勝った。広陵(広島)は創志学園(岡山)に8回コールド勝ちした。

     決勝は4日午前10時から同スタジアムである。【戸田紗友莉】

     ▽準決勝

    米子東(鳥取) 0001110000003=6

    呉(広島)   0010001010002=5

     (延長十三回タイブレーク)

    創志学園(岡山)

      00000000=0

      01000006=7

    広陵(広島)

     (八回コールド)

    〔山口版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

    2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

    3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

    4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

    5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです