メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
秋季都高校野球大会

国士舘10年ぶりV 先制、リード守り切る 両監督・主将の話 /東京

[PR]

選手が成長した 国士舘・永田昌弘監督

 スタートした時には力のないチームで、こんなところまで勝ち上がれるとは思っていなかった。選手たちが1試合ごとに成長してくれた。春に向けて、しっかりと力をつけたい。

    ピンチしのげた 国士舘・松室直樹主将

     一回に鎌田が三塁打を打ってくれて、投手も安心して投げられた。ピンチに最少失点で切り抜けられたのが勝因。これからも一人一人の力を合わせ、全員が同じ気持ちで戦っていきたい。

    あと1本が課題 東海大菅生・若林弘泰監督

     一回が誤算。取れるアウトをしっかり取っていれば失点を減らせた。打線がつながってもあと1本が出ない場面があり、今後の課題だ。選手層は厚くないが、鍛えれば良いチームになる。

    打撃力を出せず 東海大菅生・石田隆成主将

     悔しいの一言。追い上げて雰囲気も良かったが、あと1本出なかった。大会を通じてチームに粘り強さが生まれた。打撃力が発揮できなかったので、もっと練習して自信を付けたい。

    〔都内版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

    2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

    3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

    4. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

    5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです