メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
秋季中国地区高校野球大会

決勝 米子東、あと一本出ず 広陵に敗れ準優勝 /鳥取

【米子東-広陵】力投する米子東の先発・土岐=岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで、戸田紗友莉撮影

[PR]

 第131回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)は4日、岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで決勝があった。54年ぶり3回目の優勝を目指した米子東(鳥取)は先制したものの、広陵(広島)に2-6で敗れた。広陵は、全国10地区の秋季大会優勝校が集う明治神宮大会(東京・9日開幕)に中国地区代表として出場する。

     中国地区大会の成績は、来年3月23日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕する第91回選抜高校野球大会の出場校を選考するための重要な参考資料となる。中国・四国の出場枠は5校。出場校は来年1月25日の選考委員会で決まる。【戸田紗友莉】

     ▽決勝

    米子東(鳥取)

      200000000=2

      00500010×=6

    広陵(広島)

     広陵は2点を追う三回、2死無走者から死球を挟んで4連打の猛攻で5得点し、試合をひっくり返した。二回途中から登板の石原が7回無失点の好救援を見せ、リードを守り切った。米子東は毎回のように走者を出したが、あと1本が出なかった。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

    2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

    3. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

    4. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

    5. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです