メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
秋季中国地区高校野球大会

広陵がV /島根

[PR]

 第131回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)は4日、岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで決勝があり、広陵(広島)が米子東(鳥取)に逆転勝ちして12年ぶり11回目の優勝を果たした。広陵は、全国10地区の秋季大会優勝校が集う明治神宮大会(東京・9日開幕)に中国地区代表として出場する。

     中国地区大会の成績は、来年3月23日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕する第91回選抜高校野球大会の出場校を選考するための重要な参考資料となる。中国・四国の出場枠は5校。出場校は来年1月25日の選考委員会で決まる。【戸田紗友莉】

     ▽決勝

    米子東(鳥取)

      200000000=2

      00500010×=6

    広陵(広島)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

    2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

    3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

    4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

    5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです