メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
秋季中国地区高校野球大会

広陵が逆転V 12年ぶり11回目 明治神宮大会へ /岡山

【米子東-広陵】7回を無失点に抑える好救援を見せた広陵の石原=岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで、戸田紗友莉撮影

[PR]

 第131回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)は4日、倉敷市のマスカットスタジアムで決勝があり、広陵(広島)が米子東(鳥取)に逆転勝ちして12年ぶり11回目の優勝を果たした。広陵は、全国10地区の秋季大会優勝校が集う明治神宮大会(東京・9日開幕)に中国地区代表として出場する。

     中国地区大会の成績は、来年3月23日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕する第91回選抜高校野球大会の出場校を選考するための重要な参考資料となる。中国・四国の出場枠は5校。出場校は来年1月25日の選考委員会で決まる。【戸田紗友莉】

     ▽決勝

    米子東(鳥取)

      200000000=2

      00500010×=6

    広陵(広島)

     広陵は2点を追う三回、2死無走者から死球を挟んで4連打の猛攻で5得点し、試合をひっくり返した。二回途中から登板の石原が7回無失点の好救援を見せ、リードを守り切った。米子東は毎回のように走者を出したが、あと1本が出なかった。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

    2. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

    3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

    4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

    5. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです