メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季四国地区高校野球大会

松山聖陵、決勝で涙 好機、打線つながらず /愛媛

【松山聖陵-高松商】二回表松山聖陵2死三塁、湧川が中前適時打を放つ=高松市生島町のレクザムスタジアムで、潟見雄大撮影

[PR]

 第71回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高野連主催)は4日、高松市生島町のレクザムスタジアムで決勝があった。小刻みに加点した高松商(香川1位)が松山聖陵(愛媛3位)を3-1で降し、3年ぶり9回目の優勝を決めた。大会の成績は、来春の第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の出場校を選考する際、重要な資料となる。【潟見雄大、遠藤龍】

     ▽決勝

    松山聖陵(愛媛)

      010000000=1

      11010000×=3

    高松商(香川)

     (松)佐野、高松、根本-岸田

     (高)中塚、香川-新居

    ▽二塁打 坂本2(松)新居(高)

     高松商が堅い守りで接戦を制し、優勝を決めた。一回、四球などで2死三塁とし、立岩の適時打で先制。四回には飛倉の中前打などで好機を作り敵失の間に追加点を奪った。先発の中塚は7回1失点の好投。八回からはエース香川が継投し、2回を被安打1、3奪三振で締めた。守備も無失策でもり立てた。松山聖陵は二回、折田の中前打などで2死三塁とし湧川の中前打で同点。その後も好機を作ったが、打線がつながりを欠いた。


     ■熱球

    悔しさを力に 松山聖陵・根本大蓮投手(2年・主将)

    松山聖陵の根本大蓮投手=高松市生島町のレクザムスタジアムで、潟見雄大撮影

     七回裏1死満塁、少し落ち込んだ表情で戻ってきた高松亨有(りょう)投手(1年)に「俺が抑える」と一言声を掛け、マウンドに上がった。「最後は真っすぐで打ち取ると決めていた」。決め球の直球で勝負し、追加点を許さなかった。

     新チーム発足と同時に主将を任せられた。「エースで主将」というプレッシャーを感じながらも、全体練習後に自主練習に励むなど人一倍野球と向き合ってきた。

     悔しい思いをした秋季四国地区県大会準決勝。初回の立ち上がりを打ち込まれ、大量失点を招いた。「抑えないと」という気持ちが先行し、体が硬くなっていた。試合後、投球フォームを見直すなどしてきた。

     持ち味は188センチの身長を生かし、上から振り下ろす最速136キロの直球。スライダーやカーブを織り交ぜながらの投球も得意だ。

     「四国大会は悔しい結果に終わったが、課題はたくさん見つかった」。背番号「1」を背負ったエースは力強く語った。【遠藤龍】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

    2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

    3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

    4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

    5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです