メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季四国地区高校野球大会

高松商が3年ぶりV 9日開幕、明治神宮大会に出場 /高知

[PR]

 第71回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高野連主催)は4日、高松市生島町のレクザムスタジアムで決勝があった。小刻みに加点した高松商(香川1位)が松山聖陵(愛媛3位)を3-1で降し、3年ぶり9回目の優勝を決めた。大会の成績は、来春の第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の出場校を選考する際、重要な資料となる。優勝した高松商は、明治神宮野球場(東京)で9日に開幕する明治神宮野球大会に四国代表として出場する。【潟見雄大、遠藤龍】

     ▽決勝

    松山聖陵(愛媛)

      010000000=1

      11010000×=3

    高松商(香川)

     高松商が堅い守りで接戦を制し、優勝を決めた。一回、四球などで2死三塁とし、立岩の適時打で先制。四回には飛倉の中前打などで好機を作り敵失の間に追加点を奪った。先発の中塚は7回1失点の好投。八回からはエース香川が継投し、2回を被安打1、3奪三振で締めた。守備も無失策でもり立てた。松山聖陵は二回、折田の中前打などで2死三塁とし湧川の中前打で同点。その後も好機を作ったが、打線がつながりを欠いた。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

    5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです