メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季四国地区高校野球大会

高松商が3年ぶりV 監督・主将の話 /高知

[PR]

大会を通し成長 高松商・長尾健司監督

 選手は大会を通して成長したが、まだ反省点は多い。こちらがしたいコンパクトな打撃を相手がする中で、中塚がよく投げてくれた。神宮大会でも今までやってきたことをやるだけだ。

    接戦ものにする 高松商・飛倉爽汰主将

     去年準決勝で負けた悔しさがあったので優勝は素直にうれしい。だが、強豪に勝つ上での課題はまだまだある。神宮大会では厳しい戦いが続くと思うが、しっかり守って接戦をものにしたい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

    2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

    3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

    4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

    5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです