メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

21世紀枠、松山高推薦 秋季県大会16強 県高野連など /埼玉

 県高校野球連盟と毎日新聞さいたま支局は7日、来春の第91回選抜高校野球大会の「21世紀枠」の県推薦校に県立松山高校(東松山市)を選出した。

     同校野球部は1930年創部で、部員は41人。春、夏とも甲子園出場経験はないが、今秋の県大会でベスト16に入った。県高野連は選考理由について「学業と部活動を両立させ、あと一歩で甲子園出場の機会に恵まれない学校として、21世紀枠に推薦するのにふさわしい」としている。21世紀枠は全国9地区の選考会を経て来年1月に3校が選ばれる。

     斎藤右真(ゆうま)主将(2年)は「もし選ばれれば、学校の名前に恥じない戦いを甲子園でしてみたい。持ち味のチームワークを発揮した自分たちらしい試合をしたい」と意気込みを語った。

     同校は23年に旧制中学の松山中学校として設立された男子校。9割以上が大学進学を希望する進学校で、理数教育を重点的に行う文部科学省のスーパー・サイエンス・ハイスクールの認定を受けている。【仲村隆】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

    2. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

    3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

    4. ハードディスク「職員が立ち会い確実に破壊を」 総務省が通知

    5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです