メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しが☆スポ

高校野球 湖南農、石部、信楽、甲南の「連合チーム」 試合できる喜び感じ /滋賀

練習後にそろってあいさつをする湖南農、石部、信楽、甲南連合チーム=滋賀県甲賀市甲南町の甲南高校第2グラウンドで、諸隈美紗稀撮影

やり方の違い、当初は戸惑い

 高校野球部員が減少傾向にあることから、日本高野連は部員が足りず、チームが成り立たない場合は近隣の複数校とチームを結成する「連合チーム」での大会出場を認めている。今夏の甲子園出場をかけた地方大会では過去最多の81の連合チームが出場した。【諸隈美紗稀】

 県内の高校球児は2014年の2595人をピークに減少し、今年は2198人だった。高野連が定める連合チームの規定では部員が9人未満の場合、同一都道府県の学校とチームを結成でき、組む相手がいない場合は、他校から部員を借りる制度もある。

 今夏の滋賀大会には二つの連合チームが出場。石部、信楽、甲南連合チームには大会後、3年の引退で9人未…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声
  4. ルノーが日産に統合を提案 新体制で表面化は初、新たな火種に
  5. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです