メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツナビでもっと見る
第91回選抜高校野球

21世紀枠県推薦校、鎮西学院に表彰状 主将「地域に恩返ししたい」 /長崎

 <センバツ高校野球>

     来春の第91回選抜高校野球大会の「21世紀枠」県推薦校に選ばれた鎮西学院(諫早市)に7日、大会を主催する日本高野連と毎日新聞社から表彰状が贈られた。

     同校での授与式で県高野連の野中光治会長は「1901年創部の伝統校で、地域からの信頼も厚い。これからも他校の模範になるように励んでほしい」と述べた。佐藤虹輝(こうき)主将(2年)は「地域の支えがあっての野球。恩返しできるよう、冬の練習は自分たちを追い込みたい」と抱負を語った。

     同校は、今秋の第143回九州地区高校野球県大会で8強入り。始業前の地域清掃や丁寧なあいさつなどが評価された。過去の最高成績は2008年夏の県大会の準優勝。【今野悠貴】

    〔長崎版〕

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト