メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第7部 甲子園とは別に/1 軟式強豪校の工夫 学業と両立アピール

鉄の棒を持ち上げて筋力トレーニングに励む初芝富田林の選手たち

 甲子園を目指す男子の硬式野球だけが高校野球ではない。軟式をはじめ定時制や通信制があるほか、加盟校が近年増えている女子もあるし、甲子園を目指さずに独立リーグに飛び込む球児もいる。第7部では高校野球のさまざまなあり方を描く。

 部費の徴収や保護者の手伝いはなし、平日練習は週2日で約1時間--。初芝富田林(大阪府富田林市)軟式野球部の新入生向けの案内文には、強豪校とは思えない部活動紹介が記されている。

 同校は中高一貫の私立校で、硬式野球部はない。毎年8月開催の全国高校軟式野球選手権(兵庫・明石トーカロ球場など)に2004年に初出場し、09~12年に4年連続出場。今年の秋季大阪大会を制し、秋季近畿大会では4強入りした。

この記事は有料記事です。

残り821文字(全文1130文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 和歌山・紀の川市立中でクラスター 教員3人が新型コロナ感染

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです