メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第7部 甲子園とは別に/2(取材後記) 野球も勉強も自分のペースで

取材に答える星槎国際八王子の小沼慶多監督=東京都八王子市の同校で2018年11月13日、安田光高撮影

 星槎(せいさ)国際八王子(東京)の小沼慶多監督(31)は元々、高校の硬式野球部の指導者だった。神奈川大3年生の時から地元の向上(神奈川)で、ブランクを挟みながらコーチを通算7年間務めた。

 その間、退部する選手を何人も見てきた。ある時、彼らが星槎国際湘南(同)で野球を続けているのを知った。指導をしていく中で選手に「やめてしまえ」と口にしたことがあり、そのことを後悔していたうえ、「やめた選手が行く学校はどんな所なのか」という興味もあった。転職を決意し、昨年春から星槎国際八王子の教員になった。

 そこで感じたのは、人は変われるということだという。中学時代に不登校で人前で話せなかった選手が野球を通じてどんどん明るくなり、学校のイベントで富士山に登頂した。小沼監督は「出会った時と印象が180度変わった」と驚く。生徒が自分のペースで登校し、野球も勉強も伸び伸びできる通信制の良さを感じた。

 最近は選手が参加できる地域の草野球チームを探している。進学先の専門学校や就職先の企業を辞める同校OBがおり、「卒業後も彼らのよりどころを作ってあげたい」と考えている。【安田光高】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
  3. 小澤征爾さんが26日の定期演奏会を降板
  4. eスポーツ競技者はゲーム依存症にならないのか
  5. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです