メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
高校野球・新世紀

第7部 甲子園とは別に/2 通信制「軟式」増 生徒の再出発を支援

プールの跡地で投球練習をする星槎国際八王子の山崎基投手

 東京都八王子市の屋外プール跡地で、投球練習をする選手たちがいる。ユニホームの胸に「Seisa」の文字。今年度から全国高校定時制通信制軟式野球連盟に加盟した通信制の星槎国際八王子(東京)で、今夏に硬式の全国高校野球選手権南神奈川大会で4強入りした星槎国際湘南(神奈川)の系列校だ。

 このように系列校で「硬式」と「軟式」に分かれて活動する通信制高校が増えている。同校の他にも、2016年夏の甲子園に出場したクラーク記念国際(北海道)の厚木校と横浜校。東京都や長野、沖縄両県に硬式野球部がある日本ウェルネスは軟式が同連盟東京都連盟に登録している。

 目指すのは毎年8月に開催される全国高校定時制通信制軟式野球大会。決勝は神宮球場で行われ、「もう一つ…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文1019文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  2. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  3. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  4. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

  5. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです