メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第7部 甲子園とは別に/4(取材後記) 女子硬式の普及 課題は卒業後

今夏の全国高校女子硬式野球選手権大会で初優勝し、表彰式で選手たちを見つめる京都両洋の上田玲監督(左)=兵庫県丹波市のスポーツピアいちじまで2018年8月3日、石川裕士撮影

 女子硬式野球部を持つ高校が増加傾向にあり、競技の認知度も高まりつつある。だが、京都両洋の上田玲監督(37)に課題を尋ねると、真っ先に「先がないことですね」と高校卒業後の受け皿の少なさを挙げた。

 女子硬式野球部のある大学や専門学校は全国で10校程度。企業チームも数えるほどだ。ソフトボールと女子硬式野球で日本代表に選ばれた経験を持つ上田監督は「本来…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです