メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第7部 甲子園とは別に/5止 独立リーグ提携 プロへ、もう一つの道

プリントの問題を解く三山篤郎投手

 関西を拠点とする野球の独立リーグ、ベースボール・ファースト・リーグ(BFL)で今季、最速144キロ右腕として新人ながら最多勝に輝いた兵庫の三山篤郎投手(17)。11月下旬、兵庫県西宮市内のレストランでプリントの問題を解いていた。在籍する通信制高校の向陽台(大阪)には野球部がなく、高校野球を経ずに日本野球機構(NPB)入りを目指している。

 今年4月からBFLの兵庫は向陽台、同じく和歌山は神村学園(鹿児島)の通信制とそれぞれ教育提携をして…

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1040文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです