メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第7部 甲子園とは別に/5止 独立リーグ提携 プロへ、もう一つの道

プリントの問題を解く三山篤郎投手

 関西を拠点とする野球の独立リーグ、ベースボール・ファースト・リーグ(BFL)で今季、最速144キロ右腕として新人ながら最多勝に輝いた兵庫の三山篤郎投手(17)。11月下旬、兵庫県西宮市内のレストランでプリントの問題を解いていた。在籍する通信制高校の向陽台(大阪)には野球部がなく、高校野球を経ずに日本野球機構(NPB)入りを目指している。

 今年4月からBFLの兵庫は向陽台、同じく和歌山は神村学園(鹿児島)の通信制とそれぞれ教育提携をして…

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです