メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

戦時下「幻の甲子園」龍谷大平安の後輩が舞台に

1942年の「幻の甲子園」の開会式に臨む球児ら。スコアボードには「戦ひ抜かう大東亜戦」など戦意を高揚する横断幕が掲げられた=龍谷大平安高校提供

 今夏の全国高校野球選手権大会で史上2校目の春夏通算100勝を達成した龍谷大平安高(京都市)。この戦績に含まれない勝利があった。太平洋戦争中の1942年、旧平安中が準優勝した「幻の甲子園」。野球部を引退した同校の3年生らが、戦争に翻弄(ほんろう)されながら野球に打ち込んだ球児の思いを演劇にして披露した。「幻にしていいのか」。生徒らは歴史を語り継ぐ決意を新たにしている。

 「プレーボール」「英語やろ、あかん!」。11月21日、野球部OBの男子生徒たちが同学年の約200人…

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです