メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

戦時下「幻の甲子園」龍谷大平安の後輩が舞台に

1942年の「幻の甲子園」の開会式に臨む球児ら。スコアボードには「戦ひ抜かう大東亜戦」など戦意を高揚する横断幕が掲げられた=龍谷大平安高校提供

 今夏の全国高校野球選手権大会で史上2校目の春夏通算100勝を達成した龍谷大平安高(京都市)。この戦績に含まれない勝利があった。太平洋戦争中の1942年、旧平安中が準優勝した「幻の甲子園」。野球部を引退した同校の3年生らが、戦争に翻弄(ほんろう)されながら野球に打ち込んだ球児の思いを演劇にして披露した。「幻にしていいのか」。生徒らは歴史を語り継ぐ決意を新たにしている。

 「プレーボール」「英語やろ、あかん!」。11月21日、野球部OBの男子生徒たちが同学年の約200人…

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文945文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  2. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  3. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  4. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す
  5. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです