メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

「200年構想」全国で120事業 全国大会から約2億円拠出

 日本高校野球連盟と朝日新聞社、毎日新聞社は3日、高校野球の将来の普及・発展を目指す「高校野球200年構想」の事業を行うため、今夏の第100回全国高校野球選手権記念大会の余剰金から1億5000万円を充てることを発表した。選抜大会の記念事業費から拠出している5900万円を合わせ、今年度はすでに実施したのも含めて全国で約120事業を展開する。

 日本高野連の調査では、今年度硬式の部員数は15万3184人で前年度比8389人減となり、1982年…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです