メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋経大高蔵など大学1件、高校12件の処分発表 学生野球協会

 日本学生野球協会は18日、審査室会議を開き、大学1件、高校12件の処分を発表した。

 高校では、名古屋経大高蔵(愛知)の監督(47)が1、2年生部員計12人に暴力を振るい、11月10日から1年の謹慎となった。監督は近鉄や阪神に在籍した元プロ選手だった。大学では久留米大(福岡)が、3年生部員がアルバイト先からゲームソフトや日用品など総額約150万~200万円分の商品を窃盗したなどとして11月6日から3カ月の対外試合禁止処分となった。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文628文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  3. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  4. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も
  5. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです