メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本学生野球協会

大学1件、高校12件の処分

 日本学生野球協会は18日、審査室会議を開き、大学1件、高校12件の処分を発表した。高校では、名古屋経大高蔵(愛知)の監督(47)が1、2年生部員計12人に暴力を振るい、11月10日から1年の謹慎となった。監督は近鉄や阪神に在籍した元プロ選手だった。大学では久留米大(福岡)が3年生部員がアルバイト先からゲームソフトや日用品など総額約150万~200万円分の商品を窃盗したなどとして11月6日から3カ月の対外試合禁止処分となった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 令和初 春の褒章670人に
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです