メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

殿堂入りの脇村元高野連会長 プロとアマ球界の関係改善に尽力

野球殿堂入りし通知書を受け取る日本高野連元会長の脇村春夫さん(左)=東京都文京区の野球殿堂博物館で2019年1月15日午後2時16分、渡部直樹撮影

 日本高校野球連盟の第5代会長を務めた脇村春夫氏(87)の野球殿堂入りが15日、決まった。2002年から08年までの在任中、プロとアマチュア球界の関係改善に努めた。この日、87歳の誕生日を迎えた脇村氏は「殿堂入りは全く考えていなかった。本当に感激している」と喜んだ。

     脇村氏は02年11月、会長就任後初の高野連の理事会で開口一番、「どうしてプロ野球OBが母校の後輩に話しかけることができないのか」と疑問を投げかけた。

     プロ野球ドラフト会議導入前の1961年、社会人選手を中日が強引に引き抜いた「柳川事件」でプロとアマの関係が悪化。その後、断絶状態が続いていた。

     脇村氏が「同じ野球なのに(接触できないのは)不自然。自然の形にするのがいい」と考えていた、ちょうどその頃、プロ野球選手会から「高校野球に恩返ししたい」という申し出を受けた。そこで、脇村氏はプロと高校球児の交流の場を設けることを提案。03年から高校球児らを対象にした現役プロ野球選手によるシンポジウム「夢の向こうに」がスタートした。毎年全国6カ所で開き、これまで約7万人の高校球児と約6000人の指導者が受講するなど交流は進んでいる。

     04年にはプロとアマの最大の懸案だったドラフト制度についても、脇村氏は日本プロ野球組織の川島広守コミッショナーとドラフトの覚書を締結した。プロ入りを希望する高校生にプロ野球志望届の提出を義務づけ、プロ野球選手がオフシーズンに母校で練習をすることもできるなど仕組み作りを整備した。

     プロ・アマの関係改善は進み、今では元プロ野球選手が研修を受ければ、高校で指導ができるようになり、現在、1000人を超える元プロ選手が資格を回復。脇村氏は「野球をよく知っているプロに教わるのは非常にいいこと」と目を細める。

     日本高野連会長時代、春のセンバツや夏の選手権大会の講評で、見逃し三振が多いことを度々指摘した。「振らなければ当たらない、見逃しからは何も生まれない」。高校野球界のトップとして行動を起こした先にプロとアマの「雪解け」の道を開いた。【安田光高】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

    3. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

    4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

    5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです