メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
センバツ21世紀枠

候補校紹介/7 平田(中国・島根) 地元の野球熱高める

野球体験教室に向けて準備する平田の選手たち=島根県出雲市の同校で2018年12月25日、長宗拓弥撮影

 <第91回選抜高校野球大会>

     新聞紙を丸めてカラーテープを巻き付けたバットに、模造紙に円を描いて作った的当てボード。先月下旬、平田の野球部員たちは地元幼稚園・保育園児向けの野球体験教室の準備を進めていた。

     同校野球部は野球の普及活動に力を入れており、選手4人の「普及班」を中心に地元スポーツ少年団の小学生たちへの実技講習会などに取り組むほか、地元幼稚園・保育園児向けの野球体験教室を催している。今月20日に同校で開く野球体験教室には園児約70人が参加する予定で、昨年2月に開催した時より3倍以上増えた。

     同校のある島根県出雲市は少子高齢化などのため「子供の野球離れ」が目立つ。普及班長の深津唯人(2年)は小学生時代に所属した軟式野球チームでの体験を「3年生の時は80人ほどいたが、6年生では半数になった」と明かす。同校の学級数はかつて1学年6クラスあったが、現在は4に減少。部員が普及活動に熱心なのは、競技人口減少の危機感を肌で感じているからだ。

     地元で野球が注目されるには、1916年創立の県立伝統校である同校の成績向上も欠かせない。部員全29人が地元出身で、2017年就任のOBの植田悟監督(47)は「個人の能力では勝てない。弱者が勝つための野球を実践している」と強調する。16年夏に同市内の進学校の出雲を甲子園初出場に導いた経験も踏まえて「細部にこだわった野球」を掲げ、攻撃のサインだけで約50種類用意。「バントは球がバットに当たる角度と足の動きを徹底すれば、狙い通り転がせる」といい、練習ではボールを使わずにコースや球種によってバントの仕方を体で覚える「シャドーバント」を取り入れる。

     昨秋の県大会では全5試合で21犠打を重ねて準優勝。中国大会は初戦敗退だったが、一回にセーフティーバントで敵失を誘うなど無安打で3点を先行し、持ち味を発揮した。

     「長打は打てないので束になって戦う」と植田航主将(2年)。地元の野球熱を高めるためにも初の大舞台を目指す。【長宗拓弥】=つづく

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

    2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

    3. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

    4. 履正社が令和初の夏制す 強力打線が星稜・奥川から5点奪う 甲子園初優勝

    5. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです