メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

八戸学院光星に春切符 投打がかみ合い、組織力のある全員野球

帽子を投げ上げてセンバツ出場決定を喜ぶ八戸学院光星の選手たち=青森県八戸市で2019年1月25日午後3時19分、渡部直樹撮影

 第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の選考委員会が25日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、青森県内からは昨秋の東北大会で優勝した八戸学院光星が選ばれた。3年ぶり10回目の出場。「猛打の光星」を掲げ、紫紺の優勝旗を目指す。組み合わせは3月15日に決まり、同23日に開幕する。

 光星は昨夏の甲子園に出場。現チームも昨秋の県大会で優勝、東北大会も制し、センバツ出場をつかみ取った。いずれも投打がかみ合い、組織力のある全員野球で勝ち進んだ。

 秋の県大会は、初戦から準決勝までの3試合すべてでコールド勝ち。弘前東との決勝は、九回の逆転劇でサヨナラ勝ちを収めた。

 東北大会は勝負強さが光った。初戦は専大北上(岩手)にコールド勝ち。準々決勝の羽黒(山形)戦では近藤遼一選手(2年)が勝ち越し適時打を放ち、接戦を制した。準決勝は三回の猛攻で花巻東(岩手)を突き放し、エースの後藤丈海投手(2年)が2試合連続の完投で締めた。

 盛岡大付(岩手)との決勝は、武岡龍世主将(2年)の先制本塁打で流れを引き寄せた。投手陣の粘投で追い上げを振り切り、5―3で優勝した。

 掲げるスローガンは「猛打の光星」。県大会から明治神宮大会までの10試合でチーム打率は3割5分7厘。下位打線からも長打が出る。盗塁16、犠打飛26と堅実なプレーも注目だ。後藤投手ら投手陣を堅守が支える。

 「乗り越えなければならない課題はたくさんある」と仲井宗基監督は言う。春までの選手たちのさらなる成長に期待だ。【北山夏帆】

OBに巨人・坂本ら

 1956年に創立された男女共学の私立校で、カトリック精神に基づいた道徳教育を実践する。校訓は「正義・賢明・剛毅」。2013年に校名を「光星学院」から「八戸学院光星」に変更した。現在は普通▽保育福祉▽ビジネス▽工業技術の4科がある。

 野球部は学校創立と同年に創部。甲子園では11年夏、12年春夏の3季連続準優勝が最高成績。OBに坂本勇人内野手(巨人)や田村龍弘捕手(ロッテ)、北条史也内野手(阪神)など。男女バスケットボール部、陸上競走部、レスリング部なども強豪。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、全31試合を無料でライブ中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)。また、「スポーツナビ」(https://sports.yahoo.co.jp)でも展開します。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです