メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山梨学院に5年ぶりセンバツ切符 上位打線に強打者そろう

センバツ出場が決まり、ラップ調のかけ声で喜ぶ山梨学院の選手たち=甲府市の山梨学院砂田球場で2019年1月25日午後4時11分、手塚耕一郎撮影

 第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は25日、選考委員会が大阪市の毎日新聞大阪本社であり、山梨学院(山内紀幸校長)の5年ぶり3回目の出場が決まった。山梨県勢としては、2016年に出場した東海大甲府以来、3年ぶりのセンバツ出場となる。春の甲子園の切符をつかんだ選手らは、歓喜の声を上げた。センバツは3月23日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。【金子昇太】

 吉田洸二監督は13年に山梨学院野球部に就任した。09年は清峰(長崎)をセンバツ優勝に導き、山梨学院の監督就任後は春夏含め、甲子園へ4回出場した。

 昨年の春季県大会、夏の山梨大会で優勝。3年連続で夏の甲子園出場を果たした。王者として君臨していた山梨学院だが、秋の県大会は2位にとどまった。

 新チームになってからは打線が湿りがちに。接戦の試合が多く、決勝の東海大甲府戦では失策を二つ出し、3点差で敗れた。

 「王者」の野球は鳴りを潜めたと思われた関東大会。初戦の中央学院(千葉)戦は、2本の本塁打で、試合の主導権を相手に渡すことなく勝利した。続く前橋育英(群馬)戦は、11安打の猛攻で七回コールド勝ちし、ベスト4に進出した。

 エースはおらず、甲子園出場経験を持つ相沢利俊主将(2年)、関東大会で好投した佐藤裕士投手(同)らの継投を考えている。

 一方、打線は粒ぞろいだ。打率4割を超える相沢主将や菅野秀斗選手(同)、関東大会1回戦と準々決勝で本塁打を放ち、打率5割を誇る野村健太選手(同)ら甲子園経験者が上位打線にそろっている。

駅伝は男女とも都大路常連

 1956年に開校。男女共学で計1025人の生徒が通う。「智と情と勇をそなえた人間の育成」を教育目的とする。野球部は57年に創部。64年に部員数が不足したため休部になったが、79年に復活。95年には夏の甲子園初出場を果たした。今大会で春夏通算11回目の出場となり、強豪校として名をはせている。

 野球以外のスポーツにも力を入れており、駅伝部は昨年までに都大路(全国高校駅伝)を、男子は8年連続、女子は10年連続で走っている。昨年夏の高校野球大会で活躍した垣越建伸投手は、ドラフト会議で中日ドラゴンズから5位指名された。野球部は10人以上のプロ選手を輩出している。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、全31試合を無料でライブ中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)。また、「スポーツナビ」(https://sports.yahoo.co.jp)でも展開します。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです