メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東邦、2年連続で春つかむ 平成元年に優勝「最初と最後をVで」

センバツ出場が決まり喜ぶ東邦の選手たち=名古屋市名東区で2019年1月25日、大西岳彦撮影

 第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の出場校を決める選考委員会が25日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社であり、愛知県からは昨年の東海大会で優勝した東邦(名古屋市名東区)が選ばれた。2年連続30回目の出場。3月15日に組み合わせ抽選会があり、同23日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。今年は平成最後のセンバツとなるため、平成元年の61回大会で優勝している東邦の選手たちは「平成の最初と最後を東邦の優勝で飾る」と意気込んでいる。

 東邦は昨年の県大会5試合で計47得点を挙げ、うち4試合をコールド勝ちする圧倒的な打撃力で優勝した。3年ぶり11回目の優勝を飾った東海大会では、準決勝の中京学院大中京(岐阜)戦で九回に5点差を追い付き、延長でサヨナラ勝ちする勝負強さも見せた。

 チームの中心は1年生からレギュラーの石川昂弥主将(2年)と熊田任洋選手(同)だ。エースの石川主将は最速144キロの直球とスライダーを武器に安定した投球を見せるほか、打撃も好調で新チーム結成後の公式戦打率は4割7分4厘を誇る。チームの主砲、熊田選手も公式戦打率4割3分5厘と勝負強さが光るほか、遊撃手としてチームの守備も支える。

 他にも東海大会準決勝で本塁打2本を放ちチームの逆転サヨナラ勝ちに貢献した長屋陸渡選手(同)、同決勝で4打数4安打の活躍を見せた松井涼太選手(同)も注目だ。

 投手陣も石川主将に加え、東海大会2試合で先発した左腕・植田結喜投手(2年)や横手投げの奥田優太郎投手(同)など層が厚い。石川主将は「チーム力で平成最後のセンバツ王者を勝ち取りたい」と力を込める。【高井瞳】

平成元年に春制覇

 1923年、東邦商業学校として開校。下出義雄・初代理事長が渡欧の経験からイギリスのボーイスカウト運動に基づいた「東邦健児団」を結成し、37年には名古屋市内に野球場を建設するなど、戦前から運動系の部活動が盛んだった。

 48年、新学制により現校名に変更。「精進するものこそ栄光がある」という意味の「真面目」を校訓に掲げる。85年に男女共学化した。2015年に商業科が募集を停止、現在は普通科と美術科がある。

 野球部は1930年創部。甲子園では夏は77年に準優勝、春は34年に初出場初優勝を飾り、39年、41年、89年にも優勝している。現部員は54人。OBに藤嶋健人選手(中日)、俳優の奥田瑛二さんら。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、全31試合を無料でライブ中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)。また、「スポーツナビ」(https://sports.yahoo.co.jp)でも展開します。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです