メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

龍谷大平安が全国最多41回目のセンバツ 5年ぶりV狙う

センバツ出場が決まり、喜ぶ龍谷大平安の選手たち=京都市下京区で2019年1月25日午後4時5分、川平愛撮影
センバツ出場が決まり、喜ぶ龍谷大平安の選手たち=京都市下京区で2019年1月25日、川平愛撮影

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で3月23日に開幕する第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の選考委員会が25日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、龍谷大平安(関目六左衛門校長)の3年ぶり41回目の出場が決まった。出場数は全国最多を更新し、5年ぶりのセンバツ優勝に期待が高まる。組み合わせ抽選会は3月15日。

 今年のチームは昨夏の「甲子園100勝」をレギュラーとして経験した水谷祥平主将(2年)、北村涼選手(同)を攻守の要としてスタートした。昨秋の京都府大会は、準決勝で敗れたものの3位で近畿大会に進出。1回戦、準々決勝の接戦を勝ち抜いて勢いに乗り、決勝は延長十二回、2死からの逆転サヨナラ勝ちで5年ぶりの優勝を果たし、その実力が高く評価された。

 左腕の野沢秀伍投手(同)は速球に力があり、近畿大会の準決勝、決勝を完投してスタミナも証明してみせた。同じ左腕で変化球が持ち味の豊田祐輔投手(同)とエースの座を競いながら互いに成長してきた。両投手の良さを好リードで引き出す多田龍平捕手(同)は打線でも中軸を任され、近畿大会優勝を決める決勝打も放った。北村選手、羽切陸選手(同)の二遊間を中心に守りもよく鍛えられている。

 打線は昨秋の公式戦10試合で13打点をマークした4番・水谷主将が軸。5番を打つ奥村真大選手(1年)は長打力があり、小技の利く北村選手と共に、いいアクセントとなっている。

 「昨秋の試合で、投手を中心に守りでリズムを作り、勝負どころで得点して勝つというパターンができた」と水谷主将。甲子園でも粘り強い戦いぶりを見せてくれそうだ。【矢倉健次】

OBに衣笠祥雄さん

 1876年、浄土真宗本願寺派の寺院の子弟を教育する目的で現在の滋賀県彦根市に創立された金亀(こんき)教校が前身の私立校。1948年に新制の平安高校となり、2003年に共学化、08年に龍谷大付属平安高校に改称された。

 硬式野球部は1908年創部。甲子園は夏も34回出場し、38、51、56年に優勝。春は2014年に初優勝を果たした。春夏通算101勝は中京大中京(愛知)に次ぐ全国2位。

 OBにプロ野球連続試合出場記録保持者の故衣笠祥雄さん、胃がんと闘いながら現役を続ける広島・赤松真人選手、巨人・炭谷銀仁朗捕手、フェンシング五輪メダリストの太田雄貴さんら。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、全31試合を無料でライブ中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)。また、「スポーツナビ」(https://sports.yahoo.co.jp)でも展開します。

毎日新聞のアカウント

4月3日の試合

話題の記事

関連サイト