メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

履正社2年ぶり8回目の春 公式戦11本塁打の強打で初V目指す

センバツ出場を決め、喜ぶ履正社の選手たち=大阪府豊中市で2019年1月25日午後3時49分、望月亮一撮影

 兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で3月23日に開幕する第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の選考委員会が25日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、履正社(小森重喜校長)が2年ぶり8回目の出場を決めた。昨秋の近畿地区大会で4強進出。投打に優れた実力が評価された。選抜で悲願の初優勝を目指す。組み合わせ抽選会は3月15日。

 昨秋の大阪府大会では、決勝で大阪桐蔭を降し、5年ぶり5回目の優勝を果たした。近畿地区大会では、初戦で南部(和歌山)に七回コールド、準々決勝では福知山成美(京都)に零封勝ち。投打がかみ合った戦いぶりで、準決勝に進んだ。

 公式戦10試合のチーム打率は3割1分、11本塁打。南部戦で満塁弾を放つなど秋に3本塁打を記録した井上広大選手(2年)や、14打点をたたき出した小深田大地選手(1年)らが中軸。下位打線もしぶとく、全体として勝負強さが光った。

 投手陣は、左腕の清水大成投手(2年)に期待がかかる。140キロ超の直球と制球を武器に秋は5試合で完投。福知山成美戦では被安打3で抑えるなどチームをけん引した。安定感のある右腕の植木佑斗投手(2年)も後ろに控える。

 岡田龍生監督は「各ポジションにレギュラー候補が複数いる。チーム内の競争は相当激しい」と厚い選手層に自信をのぞかせる。2014年と17年に甲子園決勝の舞台で涙をのんでおり、選抜優勝は野球部関係者全員の悲願だ。捕手の野口海音主将(2年)は「日本一がチームの唯一の目標。甲子園で全部勝つことだけを考え、一日一日練習に取り組みたい」と意気込む。【池田一生】

センバツは過去2回準V

 中高一貫の私立校。1922年、大阪市北区に福島商業学校として設立された。67年に豊中市に移転し、83年に現校名に改称。2000年から男女共学となった。校訓は「履正不畏(ふい)・勤労愛好・報本反始」。国公立大や難関私立大への進学を目指す生徒1112人が学ぶ。野球部は開校と同じ年に創部され、甲子園出場は今回で春夏計11回目となる。選抜では過去2回準優勝。野球部の卒業生には、プロ野球・ヤクルトの山田哲人選手やオリックスのT―岡田選手らがいる。女子硬式野球部やサッカー部も全国レベルで活躍する。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、全31試合を無料でライブ中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)。また、「スポーツナビ」(https://sports.yahoo.co.jp)でも展開します。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  2. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  5. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです