メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日章学園が初のセンバツ 好機逃さずに畳みかける攻撃 九州4強

センバツ出場決定の報告に指を突き上げて喜ぶ日章学園の選手たち=宮崎市で2019年1月25日、津村豊和撮影

 第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の選考委員会が25日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、出場32校が決まった。宮崎県からは日章学園(宮崎市)がセンバツ初出場を決めた。昨秋の宮崎大会で優勝し、九州地区大会でも、甲子園出場経験のある強豪の九国大付(福岡)などを連破。好機を逃さずに畳みかける攻撃で流れを引き寄せ、ベスト4入りを果たした。選抜大会は3月15日に組み合わせ抽選会があり、同23日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕する。

 寺原亜錬投手(2年)と石嶋留衣投手(同)がチームの2本柱だ。中学時代に全国大会の出場経験がある寺原投手は、直球とカーブをはじめとする変化球を制球よく投げ分け、緩急をつけて相手打者を翻弄(ほんろう)する。石嶋投手は昨秋の九州地区大会準々決勝で、熊本西(熊本)を切れのいい速球で6安打1失点で抑えて完投勝利を収めた。守備では、強肩の深草駿哉捕手(2年)、センターを守る俊足の平野大和選手(同)らが要となり、堅い守りをみせる。

 打線は切れ目がなく、宮崎大会と九州地区大会の計8試合で計48得点を挙げた。深草捕手は九州地区大会の3試合で11打数8安打2打点と打撃好調で、2番打者ながらチームの攻撃の流れをつくった。森永光洋選手(同)や平野選手らも持ち前の長打力で攻撃の鍵を握る。

 九州地区大会で打線が地力を発揮したのは1回戦の九国大付(福岡)戦。先制した後、2点を返されて同点に追いつかれた二回裏、相手の失策を足がかりに出塁すると、主砲の平野選手の中越え二塁打など4連続安打が出て、その回4得点。七回にも1点を加え勝利をつかんだ。

 「初めてのセンバツ。失うものはないので攻めの姿勢で挑みたい」と福山凜主将(2年)は大舞台を前に腕をぶす。初出場のチャレンジャー精神で目標は大きく初優勝を目指す。【田崎春菜】

ボクシング、バドミントンも全国で活躍

 1950年に宮崎高等会計学院として設立され、87年に日章学園高校と改称された。福祉科、調理科など10科があり、男女1215人が在籍する。主なOBにはプロゴルファーの香妻(こうづま)琴乃さんらがいる。

 野球部は65年創部で部員は現在45人。OBにプロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの山崎剛選手(2017年ドラフト3位)らがいる。

 校訓は「道義に徹し」「実利を図り」「勤労を愛す」。他の部活動も盛んで、ボクシング部はインターハイの学校対抗で過去5回の優勝を誇り、昨年も3位に輝いた。男子バドミントン部も昨年、2年連続で団体3位に入賞した。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、全31試合を無料でライブ中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)。また、「スポーツナビ」(https://sports.yahoo.co.jp)でも展開します。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです