メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「21世紀枠」出場石岡一 最速147キロのエース・岩本「ベストな状態で臨む」

センバツ出場が決定し、学校で作る野菜を手に笑顔を見せる石岡一の選手たち=茨城県石岡市で2019年1月25日午後3時49分、尾籠章裕撮影

 第91回選抜高校野球大会の「21世紀枠」出場校に石岡一(茨城)が選出された。春夏通じて甲子園初出場で、チームの大黒柱はエース・岩本だ。最速147キロの直球が持ち味で、4強入りした昨秋の茨城県大会では4試合に登板し、投球回数28回3分の2を上回る36三振を奪った。地元・石岡市内の中学軟式出身の本格派右腕は初の大舞台に向けて、「自分が中心となってチームを引っ張り、冬の練習の成果を出せるようにベストな状態で(センバツに)臨みたい」と活躍を期した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです