メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松山聖陵 春夏通算で3回目「甲子園初勝利を」

センバツ出場決定の吉報を受け喜ぶ選手たち=松山市久万ノ台の松山聖陵高で2019年1月25日午後3時56分、遠藤龍撮影

 25日に大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれた第91回選抜高校野球大会の選考委員会で出場校32校が決まった。2年連続2回目の出場を決めた松山聖陵。甲子園出場は春夏通算で3回目となるがまだ勝利がない。2016年夏は北海(南北海道)に1―2で、昨春は近江(滋賀)に5―8で惜敗。出場決定を受けて渡部校長がグラウンドに出て選手らに「まだ1勝もしていない。新しい歴史を作ってほしい」とエールを送ると、主将でエースの根本は「冬場しっかりと力をつけて自分たちの代で甲子園初勝利を挙げられるよう頑張りたい」と宣言した。

毎日新聞のアカウント

4月3日の試合

話題の記事

関連サイト