メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
【おわび】各お申し込みフォームが不具合のため停止しています。しばらくお待ちください
第91回選抜高校野球

祝・福知山成美/龍谷大平安 福知山成美 大舞台、自信を胸に /京都

センバツ出場が決まり、喜びを全身で表す福知山成美の選手たち=京都府福知山市堀の同校で2019年1月25日、佐藤孝治撮影

 <センバツ2019>

     兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で3月23日に開幕する第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の選考委員会が25日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで開かれ、福知山成美(福知山市、兒島裕之校長)と龍谷大平安(京都市下京区、関目六左衛門校長)の出場が決まった。福知山成美は5年ぶり3回目。龍谷大平安は3年ぶり41回目。福知山成美は昨秋の府大会で優勝し、近畿大会で8強入りした戦いぶりが認められた。龍谷大平安は府大会では苦戦しながらも近畿大会に出場し、5年ぶりに制した。その実力が高く評価された。あと1勝に迫った京都勢の春夏の全国大会通算200勝へ、選手たちは「必ず今春のセンバツで達成する」と士気を高めていた。【佐藤孝治、安部拓輝】

    大舞台、自信を胸に

    センバツ出場決定の知らせを受ける福知山成美の兒島裕之校長=京都府福知山市堀の同校で2019年1月25日、佐藤孝治撮影

     午後3時半前、大会本部から福知山成美に出場決定の電話が入った。兒島裕之校長が受話器を取り、緊張した面持ちで「ありがたく受けさせていただきます」と返答。その後、兒島校長は校内のグラウンドで練習する選手の元へ。朗報が届けられると、選手たちの笑顔が一斉にはじけた。

     選手たちは帽子を空に向かって投げ上げ、喜びを表した。井本自宣(さだよし)監督は同校野球部のコーチ、部長としてこれまで夏4度、春2度の経験を持つ。監督としては初めての甲子園出場となるが、喜びを抑えた口調で「いい知らせは、君たちが頑張ったからだ。大会が始まるまでに仕上げて、近畿代表の自覚を持って頑張ろう」と選手に語りかけた。

     同校のセンバツ出場は、2009年の第81回大会で初めて選ばれ、14年の第86回大会で2度目。今回と5年ごとの奇妙な巡り合わせ。今の選手たちにとっても当然初めての経験で、部員63人の大所帯をまとめる岡田健吾主将(2年)は「みんなドキドキして待っていた。大舞台で緊張すると思うけど、それに負けないよう自信を持って頑張りたい」と大会での健闘を誓っていた。出場の知らせを聞いた地域住民や卒業生らも祝福に駆け付けた。同校前身の福知山商業OBで福知山成美を長年応援する大槻弘之さん(71)は「選手たちは一生懸命練習していた。良かった、良かった」と喜んでいた。

    センバツ出場が決まり、原田英彦監督を胴上げする龍谷大平安の選手たち=京都市下京区の同校で2019年1月25日、川平愛撮影

    凜とした姿見せる

     龍谷大平安は昨秋の近畿地区大会で5年ぶりの優勝を果たし、有力視されていたとはいえセンバツは3年ぶり。学校には午後2時ごろから野球部員の保護者らが続々と集まり、出場校の発表が近づくにつれてそわそわした雰囲気が漂った。

    センバツ出場決定の電話を受ける龍谷大平安の関目六左衛門校長=京都市下京区の同校で2019年1月25日、川平愛撮影

     「私も初めてですから」と落ち着かない様子で連絡を待っていた関目六左衛門校長に決定連絡の電話が入ったのは同3時半ごろ。「ありがたくお受けします。全力を尽くしますのでよろしくお願いします」と応え、ほっとした表情を見せた。選手全員らの待つ部屋へ移動し、「おめでとうございます。平安らしく威厳を持って戦い、2回目のセンバツ優勝を目指してください」と出場を告げた。

     原田英彦監督は「このチームには元気がある。まだまだ伸びしろがあるので、課題を克服して甲子園で思い切り暴れよう」とあいさつ。水谷祥平主将(2年)は「日本一に向けて凜(りん)とした平安の姿を見せたい」と決意を表明した。

     その後、選手らは学校玄関前の写真撮影で報道各社の要望に応えてさまざまなポーズをとり、緊張がほぐれて喜びを爆発させた。昨夏の甲子園から二塁を守る北村涼選手(2年)の父日出秋さん(43)は「夏の甲子園では打撃で苦労していた。次は普通に打てていた少年野球の時のような姿を見たい」と目を細めながら、選手たちを見つめていた。

     昨秋は5番を任された奥村真大選手(1年)は「兄(プロ野球・ヤクルトの展征選手)が高校時代に甲子園でホームランを打った時、喜ぶわけでもなく冷静にベースを一周したのを『かっこいい』と思ってスタンドから見ていた。自分も狙いたい」。近畿大会でエースナンバーを背負った豊田祐輔投手(2年)は「カーブには自信がある。他の変化球に磨きをかけ、直球は140キロまで球速を上げたい」などと話し、早くも本番に思いをはせていた。【矢倉健次】

    待ちわびた吉報、駅前などで号外

    福知山成美のセンバツ出場決定を伝える毎日新聞の号外を読む人たち=京都府福知山市堀の同校で2019年1月25日、佐藤孝治撮影

     福知山成美と龍谷大平安のセンバツ出場が決まった25日、府内各地で特別号外が配られた。福知山市の福知山駅前では、毎日新聞の販売店主らが「福知山成美に春」「井本監督初陣『接戦ものに』」の見出しが躍る号外を配った。福知山成美高にも号外が届けられ、吉報を待ちわびていた選手たちは、号外を見ながら甲子園出場という実感をかみしめながら、夢舞台での活躍を誓っていた。

    〔丹波・丹後版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

    2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

    3. 県内最高齢 112歳、内山さんが死去 長崎市 /長崎

    4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

    5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです