メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

21世紀枠・石岡一 自主性、実りの春 前身は農学校「金足農に続け」

学校で作った野菜を手に笑顔を見せる石岡一の選手たち=茨城県石岡市で2019年1月25日、尾籠章裕撮影

 第91回センバツの出場校が25日に決まり、21世紀枠で石岡一(茨城県石岡市)が初めて選出された。農学校が前身で、部員の約4割が農業系学科で学ぶ。昨夏の甲子園を沸かせた秋田県立金足農の準優勝に刺激された選手たちは春夏通じて初の大舞台での健闘を誓った。

     グラウンドで大和田俊一校長から21世紀枠での出場決定を伝えられると、酒井淳志主将(2年)は「いつも協力してくれるOBや地域のために甲子園でいいプレーを見せたい」と力を込めた。

     石岡一は1910年に新治郡立農学校として開校し、49年に現校名になった。普通科と農業系学科があり、ほぼ地元出身の野球部員49人のうち22人が園芸科と造園科で野菜栽培や公園づくりなどを学んでいる。

     実習の授業が多く、平日放課後の練習開始時間に全員そろうことはめったにない。2時間~2時間半と限られた時間を有効に使うため、少人数の3グループに分かれて打撃や投球などのメニューをこなす。照明が少なく、日が暮れると、内野はバッティング、外野ではランニングなどと分けて無駄がないよう工夫。着実に力をつけ、昨秋の県大会で4強入りした。

     造園科で学ぶエース右腕の岩本大地投手(2年)は、金足農からプロ野球・日本ハム入りした吉田輝星投手と自分を重ね合わせながら鍛錬してきた。「甲子園で自分らしい投球をしたい」と意気込む。2009年に就任した川井政平監督(44)は、足りない部分を補うメニューを自分で考えさせるなど選手の自主性を重視し、成長を促してきた。茨城県立竜ケ崎一時代に甲子園でプレーした川井監督は「選手をあの舞台に立たせてあげたい気持ちがあった。最良の結果になった」と涙ぐんだ。

     甲子園出場は地域住民にとっても長年の悲願だった。地元への恩返しの気持ちも抱きながら、「地に足をつけ全力でプレーして1勝したい」と川井監督は目標を掲げた。【川崎健、佐藤則夫】

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト